悩みの種|ハクビシン駆除の最適な手段とは

可愛いけどかわいくない

ネズミ捕り

家も食べ物も荒らす

ねずみといえば、日本では干支にも選ばれており、アニメなどでもおなじみの動物です。可愛い風貌からペットとして飼っている人も多く、日本では昔からなじみのある動物です。しかし、害獣として嫌われ、ねずみ駆除のために猫を飼っていたこともあり、かわいらしい反面、家や食料を荒らすとして嫌われてきた歴史もあります。今ではペットとしてのハムスターやラットとは別の、家ネズミと呼ばれる害獣被害が多く報告されています。ねずみは前歯がするどく、飛び出しています。前歯が伸び続ける習性があるため、固いものを常にかじってすり減らすことをしなければなりません。そのため、家の柱や家具はもちろんのこと、電化製品などもかじられるという被害があります。

繁殖力が高い

ねずみといえば繁殖力が高く、ねずみ講という言葉があるほど増えてゆきます。固いものをかじって家に被害を与えるとともに、繁殖して増え続けることで被害はさらに広がります。また、糞尿被害やダニやノミといった病原菌をまき散らすということもあり、ねずみを見つけたらねずみ駆除をする必要があります。ねずみ駆除の場合、まずはネズミの通り道を見つけることが大切です。ねずみは同じ場所を通る習性があり、ねずみ駆除はその通り道に毒餌や罠をはることで効果を発揮します。ねずみを放置しているとどんどん増えることで、家の被害が甚大となり、ねずみに噛まれたりすることで人間に害を与える結果になります。ねずみからの感染症に注意する必要がありますので、駆除を行うようにしましょう。