悩みの種|ハクビシン駆除の最適な手段とは

ハクビシンがもたらす害

はくびしん

野生化して害獣となる

ハクビシンといえば動物園にも展示されている動物ですが、実は野生のものも存在します。それどころか、しばしば人間にも被害を与えます。ハクビシンは体長60cm前後のジャコウネコ科の動物で、中国南部から東南アジアにかけて広い地域に生息します。顔の中央に1本の白い筋があるのが名前の由来になっています。ハクビシンがなぜ日本にも生息し、害獣化するようになったかについては、よく分かっていません。ただ、明治期に毛皮の採集を目的として輸入された例があるため、その一部が野生化したのではないかと考えられています。ハクビシン駆除を行うには、鳥獣保護法に基づく自治体等への届出と許可が必要です。専門の駆除業者に依頼すれば、手続きを代行してもらえます。

近づけないことが重要

最初にハクビシンの被害が目立つようになったのは、農家においてでした。ハクビシンは雑食性で果物などを好むため、果樹園などで作物が荒らされるなどの被害が起きていました。しかし最近では一般の人家にも侵入するという被害が増えてきています。具体的には、屋根裏に巣を作って悪臭や騒音をもたらしたり、ダニやノミなどを媒介するといった被害が報告されています。ハクビシン駆除は先にも述べたように誰にでもできるものではありません。また、実害がないのに予防的にハクビシン駆除を行うこともできません。そのため、ハクビシン駆除は捕獲はもちろんですが、近づけないための方策が重要になります。忌避剤を散布したり、家屋のすき間をふさぐ工事をしたり、電気柵を設置したりといった対策が有効です。個人での対策も可能ではありますが、再度被害を出さないためにも、なるべくは駆除業者に依頼するのが望ましいでしょう。

ダニが気になる場合に

だに

ダニ駆除の方法はいろいろありますが、主な方法はダニがついたものを天日干しすることが効果的です。他にもダニ駆除用のアイテムが、リーズナブルな価格で販売されています。プロに依頼して駆除してもらうこともできます。

Read More..

可愛いけどかわいくない

ネズミ捕り

ねずみは前歯を削るために家を荒らしたり、食糧を食い荒らす害獣としてねずみ駆除する必要があります。また、ねずみにはダニやノミが寄生していることが多い為、ねずみからの感染症にかからないよう駆除することが大切です。

Read More..

困らせる害虫を駆除

散布機

トコジラミはあらゆるところに生息し、人を刺すことでかゆみという被害を加えます。トコジラミ駆除には、殺虫剤や掃除機での吸い取り、熱での処理などの方法がありますが、それでも無理な時は業者の力を借りることも必要になります。

Read More..